FS/Kハウスについて

PS札幌工場 FS

1972年の建設以来、ピーエスのラジエータ( HR-C/HRヒータ/HR(E))の開発製造を担う工場。
敷地の9割を占める緑地では、30年前に社員ひとりひとりの手で植えられた木々が今日では豊かな森を形成しています。
工場から食堂への渡り廊下は、真冬でも植物が茂るガラス張りのアトリウム空間。
寒さの厳しい北海道でこのアトリウムの環境をつくっているのはPS HRヒータです。
ミーティングをしたり、時には食事を楽しんだり、工場スタッフにとって豊かなリフレッシュの場です。

  • イメージ画像
  • イメージ画像

PSゲストハウス Kハウス

冬を感じながら寒さを忘れる
1973年、社員の独身寮として誕生したKハウスは、幾度かのPS HRヒータのデザインをリニューアルしながら進化しつづけ、現在は滞在型活動空間のゲストハウスとして活用されています。
PS HRヒータには低温水がゆっくりと流れ、重量感のあるコンクリートの建物に蓄熱させながら、自然で快適な室内気候をつくりだしています。
外がマイナス10℃のときでもちょっと窓を開けて新鮮な空気を楽しめる自由があります。
Kハウスが提案するのは、新鮮な冬を感じながら寒さを忘れるライフスタイルです。

  • イメージ画像
  • イメージ画像
イメージ画像

Kハウスクラブ

Kハウスクラブは、各界のスペシャリストを招いて積極的に異文化交流が行なわれる場。
心地よい緊張感に満ちたフォーラムはもちろん、懇親会での意見交流を楽しみに多くの方々が集まります。
懇親会では、季節ごとの滋味豊かなご馳走が社員の手で丁寧に用意されます。
終了時間はお好みのままに、夜更けまで閑談にふけることも少なくありません。

  • イメージ画像
  • イメージ画像
K-house(北海道)
〒061-1135 北海道北広島市輝美町8-1 TEL:011-372-7601(北広島営業所)【地図PDF
1992年 緑化優良工場等 財団法人日本緑化センター会長表彰受賞