工場(1) HR(E)

D社工場(北海道千歳市)

工場内廃熱を活用したHRヒータ導入で作業効率、製品品質の向上
2002年、D社工場では工場内の排熱を利用したHRヒータの暖房を開始しました。 以前は、温風暖房を行なっていましたが、搬出入時シャッターの開け閉めする度に、 マイナスの外気が流れ込み、冬の環境を保つのに苦労をされていました。 今では、建物外壁面に沿って長く大きくデザインされたHRヒータが、 放射で壁や天井・床を暖め、少ないエネルギーで効率よく工場内の環境をつくっています。 担当者の方より「材料や製品は温度にシビア。室内の温度むらが品質を左右します。 以前は保管場所にも気を使っていましたが、今ではその心配がなくなり、 目には見えない品質が上がりました。同時に暖房コスト約30%削減も実現しています。」 とのコメントをいただいています。