平山 武久 社員一人ひとりが共に新たなチャレンジをするメンバー

 ピーエスは開発型企業です。創業時(1960)から、「他社がやっていないことをやりたい」という強い意志がありました。日本で初めて加湿器の開発・製造・販売をした会社です。温水暖房ラジエータ【PS-HRヒータ】(1970)も、除湿型放射冷暖房【PS HR-C】(1990)も、我が社が初めてです。初めてというワクワク感、そしてリスクに対して挑戦する「空気」がピーエスにはあります。

 ピーエスをつくったのは私の父、私は二代目です。時代は激しく変化しています。我が社はものづくり企業としてスタートしました。これからは、専門メーカーとして自社ブランド製品を高めるとともに、“ピーエスの室内気候”そのものの企画構想段階から実際に設備を使って満足していただけるところまで、最高レベルの評価をいただけるように仕事を展開していきます。「PSi(ピーエスの室内気候の情報センター)」を各地に開いているのも、夢を持ってピーエスに仕事を頼んでくださるお客様や設計者の方と対話をし、価値を一緒につくっていくためです。PSiでは毎月スポーツや音楽会のイベントを開催しています。これは、本音のコミュニケーションの場でもあります。

 私にとって、ピーエスの社員一人一人が、共に新たなチャレンジをするメンバーです。全社員120名に対し皆同じようにコミュニケーションができているとはいえませんが、必要に応じて対話の機会を作るようにしています。個々には皆、はっきりとした特徴、異なった人生経験、得意分野、専門分野があります。待ったなしでやってくるいろいろな課題に対し、組織として一歩一歩進み、ひとつひとつ結果を出し、そして挑戦していく存在、それが我が社の社員です。

 ピーエスの目標は、これからも常に、“湿度”と“温度”と“ピーエスの室内気候”のトップ企業として発展し続けることです。あなたの夢は何ですか?

トップメッセージ 先輩からのメッセージ 仕事紹介 活動拠点と募集職種 よくある質問 募集要項(PDF)